シリコン系のソーラーパネルがあります。これは一つ問題があります。それは、どうしてもコスト面において負担がかかってしまうことですね。その欠点を補うと言う方向性で薄膜シリコン型のソーラーパネルが誕生しました。しかし、その分どうしても発電効率が犠牲になってしまっているようですね。

そのため、一般家庭でも手が届く商品というコンセプトから言うと、まだまだ改善の余地があるとも言えます。(汗)それは「化合物系太陽電池」と呼ばれる、シリコンを用いない太陽電池のことです。『化合物系太陽電池』これは、銅、セレン、インジウムなどを使用する「CIS系太陽電池」が最も高い知名度を誇っています。この他にも「GaAs単結晶」とか、「Cd化合物薄膜」などを使ってもいます。これらの太陽電池としては、比較的、近年研究がスタートしています。

言い換えると、実用化が始まったばかりの技術とも言えます。その為、今後更に発展していく余地が多分に残されているとも言えます。(笑顔)<特に大きなメリットについて>重量制限に引っかかる家と言うのもない訳ではありません。(汗)ですから、軽いに越したことはありませんよね。(苦笑)(笑顔)。シリコンを使わないソーラーパネルという方向性もあって、今後、太陽光発電が一般化していくことでしょう。(笑顔)